産業用オフグリッドシステム

産業用オフグリッドシステム

BCP対策と温暖化対策に寄与する自家消費型太陽光発電システム

産業用オフグリッドシステム

産業用オフグリッドシステムとは

産業用オフグリッドシステムとは、完全自家消費型の太陽光発電システムのことで、電力基本料金を削減するとともに、温室効果ガス排出総量削減が可能な、持続可能性の高いシステムです。
改正省エネ法の施行により、平成27年度報告分(平成26年度実績分)から、新たに「電気需要平準化評価原単位」が策定されました。自家消費型太陽光発電システムは、この電気需要平準化時間帯に発電するシステムであることから、今後、改正省エネ法における「電気需要平準化評価原単位」の低減に大きく寄与することが期待できます。
また、非常用独立電源パーソナルエナジーの採用により、生産性向上設備投資促進税制による特別償却により、設備一式の取得価額の全額を償却(即時償却)することができる経済的にもメリットの大きいシステムです。

税効果

本システムは生産性向上設備投資促進税制により即時償却、または、最大5%の税額控除が適用可能です。

政策や地政学的
リスク回避に

固定価格買取制度(FIT)見直しによる買取価格低下に伴う影響を受けず、10年未満の投資回収が期待できます。

BCP対応に

災害時や緊急時にも一定の電力を供給するため、事業継続性の確保が期待でき、持続可能な企業のエネルギー調達計画に貢献します。

省エネ法対策に

発電した電気をそのまま自社で活用することで、一次エネルギー量とCO2排出量を削減します。

産業用オフグリッドシステム削減効果

電気料金の仕組みと削減項目

電気料金の仕組みと削減項目

 

経済性比較 ※システム設置容量40kWの場合

全量買取制度FIT 産業用オフグリッドシステム(即時償却)
システム単価:約25万円/kW システム単価:約45万円/kW
年間発電量:平均約40,000/kW 年間発電量:平均約72,000/kW
設置費用:約1,000万円 設置費用:約1,806万円
年間売電収入:約108万円 年間電気料金削減額:約206万円
投資回収年数:約9.25年 投資回収年数:約8.75年
平成26年度補正予算「独立型再生可能エネルギー発電システム等対策費補助金」が活用可能

一般社団法人 新エネルギー導入促進協議会が実施する「独立型再生可能エネルギー発電システム等対策費補助金」の適用で、10kW以上の自家消費型太陽光発電システム等を導入する民間事業者等に対し、経費の1/3が助成されます。

補助金の詳細=http://www.nepc.or.jp(一般社団法人 新エネルギー導入促進協議会のホームページ)まで

※26年度補正予算は終了しています。

産業用オフグリッドシステム導入効果例

諸条件:
(1)オフグリッドシステム設備容量40kw
(2)年間電気削減量 72000kwh
(3)電気料金 関西電力 高圧電力AS

産業用オフグリッドシステム導入で電気料金は年間206万円削減

産業用オフグリッドシステム導入でCO2排出量は年間原油換算24㎘削減

産業用オフグリッドシステム概要図

産業用オフグリッドシステム概要図

導入の流れ

  • ①PLAN

    負荷調査、電気設備図面作成

  •  
  • ②Do

    設備調査

  •  
  • ③Check

    スマートメーターによる計測

  •  
  • ④Action

    オフグリッドシステム導入

  •  
  • CSR・BCPの
    実現

産業用オフグリッドシステムの詳しい資料はこちらのPDFをご覧ください。

PDFダウンロード

ページトップへ